TOP ≫ あま酒

あま酒

甘酒とは

甘酒とは、米とこうじ(麹・糀)と水から造られた甘い飲み物。『麹ドリンク』とも言える白い液体で、ひな祭りでは『白酒』と呼ばれて古くから親しまれてきました。

甘酒といっても酒粕を溶いて造る甘酒もありますが、米と麹から作られた甘酒は砂糖を使わないのに蜜のように甘いという、魔訶不思議な飲み物です。これは、こうじ菌が増殖する際に作り出した酵素の働きで米に含まれるデンプンが分解された結果、人が舐めた時に甘く感じる『糖(ブドウ糖)』を造るからだそうです。そして、このブドウ糖は病院で使われる点滴の主な成分であることから、甘酒は『飲む点滴』とも言われ、栄養価の高い栄養ドリンクといえます。

同じく、米と麹と水から造り出される飲み物に日本酒がありますが、両者の違いは微生物である酵母菌の作用を受けているかいないかにあります。酒造りでは米と麹とで造られた甘酒に酵母の力が働いてアルコールが作り出されますがこれが『どぶろく』で、これを絞って漉して取り出した透明な液体が日本酒です。

甘酒は日本酒とは違って酵母の作用を受けていないので、「酒」とはついても酒でないノンアルコールな飲料。食べ物と違って噛む必要も消化する必要もほとんどなくて吸収がよく、栄養価が高い為か、江戸時代には夏バテ防止にと子供からお年寄りまで好んで飲まれていたんだそうです。その為、甘酒という名詞は俳句の世界では夏の季語になっています。

世間にはたくさんの種類の飲み物が溢れていて、甘酒はこれまで飲み物としては地味な存在であり続けてきましたが、そんな甘酒の、実は栄養豊富で人に優しく、自然な飲み物なところが近年見直されてきています。

▲ページTOPへ

甘酒の作り方

甘酒の美味しい飲み方

まずはプレーン(何の味付けもしていない)でお楽しみください。この味はお米の味かこうじの風味か、そしてその甘味。味が単純と思えてきたら塩を一つまみ入れてみてください。塩だけの味付けです。甘い甘酒に塩。味に深みが出るでしょう。もし飽きたり興味がでましたら、以下の味付けを参考にしてみてください。

発酵食品同士はよく合う
味付けしたり混ぜて合う組み合わせを見ていると発酵食品同士というのは合うようで、例えば、味噌と甘酒を混ぜるとこれがまた美味しく、新鮮なキュウリやキャベツ、コンニャクにつけて食べると美味しいようです。
甘酒そのものを味付けするなら・・・
レモン/トマト/マンゴー/ブルーベリー、ココア、紅茶/抹茶、牛乳/生クリーム、ヨーグルト、焼酎/日本酒/ウィスキー、生姜、シナモン、ハーブ、ミントなどは甘酒に合うようです。
冬には、生姜を入れた温かい甘酒を飲むと体が温まります。
夏には、冷やした甘酒にミントを入れて飲むと、夏バテ防止の栄養補給とスッキリとした爽快感が得られるでしょう。朝起き直後の空きっ腹に一杯の甘酒は腹に染みるように美味です。
ツマミと一緒に楽しむなら・・・
甘酒は飲み物で歯応えが楽しめないので、歯応えがあり、塩辛いもの。例えば、ちょっと漬け過ぎたぬか漬けなどの漬け物が合うようです。

▲ページTOPへ

その他の甘酒の用途

甘酒には糖分が多分に含まれており、甘味が強いので、料理で甘さを出したい場合には砂糖の代わりに。また、糖分は焦げると食欲をそそるような色合いになるので、料理に綺麗な焦げ色を出したい場合にも効果があります。さらに、米と麹から作り出された甘酒には照りと言われる輝きがあるので、料理に照りを出したい場合にも有効です。

甘酒の保存方法

常温で開放状態(蓋を開けたままにしておくような保管法)にしておくと非常に傷みやすく、逆に冷凍しておくと1年くらい持つといわれています。

伊勢惣のあま酒

  • こうじ専門業の技術を生かし、あま酒専用の白麹菌を使用しており、味や風味が最高です。
  • 原材料は丸粒上白米を使用しています(クズ米は一切使用していません)。
  • 麹を多量に使用し、熟成させてあるので、糖度(天然ブドウ糖)が高い。
  • 酒粕を使用していない麹甘酒なので、乳幼児からお年寄りまで、どなたにもご利用いただけます。

▲ページTOPへ