TOP味噌作り ≫ 味噌を造ってみませんか?

味噌を造ってみませんか?

味噌作りのススメ

味噌の作り方は意外と簡単です。かつては一般の家庭で作られていました。
今でも一般家庭で味噌は作れます。要は煮て潰した大豆とこうじ(麹・糀)と塩を混ぜるだけ。あとはどこか涼しいところに数ヶ月間置いておけば自然に発酵/熟成し、自家製の美味しい手作り味噌が出来上がります。

味噌作り概略図

手作り味噌はまず香りが違います。
容器の蓋を開けると、味噌の香りが部屋中に充満するくらいの香り強さがあります。これは味噌の中の微生物が生きているため常に発酵し、常に新しい芳香成分が作られることに因るようです。また、その微生物の中には胃や腸の中に入ってからも活動を続け、人の健康に寄与するものも報告されており、 古来からの手作り味噌が味や栄養だけではなく、体や健康の維持にも有効な食品であることが伺えます。さらに、味噌は食料を長期間保存するために作り出された備蓄食でもあるので、常温での保管ができ、非常時に備えての非常食としても適した食品と言えるでしょう。

手作り味噌は発酵食品であり、仕込み後、数ヶ月間放置することからカビの事が気になりますが、だからこそそれは天然素材から作られた天然食品。寒に仕込み、夏の土用を越してよく熟成した自家製味噌は、自宅で出来る秋の収穫のようなもの。その出来は、育った環境によって様々。各種の伝承料理を編み出してきた先人たちの知恵に想いを馳せながら、

味噌を造ってみませんか?

味噌の原料から仕込み作業、味噌になるまでの発酵過程が体験でき、最後は美味しく食べることができます。きっと、これまで持ってきた味噌の印象がガラリと変わることでしょう。

手作り味噌の材料セット

味噌は一年中作ることはできますが、適期としては秋から冬の寒い時期とされています。これは空気中の雑菌が少ない事や、仕込んだ味噌の発酵・熟成がゆっくり進む事、温かい時期に比べて汗をかかずに済む事もあげられます。確かに、まとまった量、多量を仕込むのはなかなか多くの労力がかかります。そこで伊勢惣では、初心者でもより手軽に簡単に味噌作りができるよう、混ぜるだけで味噌の仕込みができる味噌作りの為の材料セットを作りました。


手作り味噌材料セット(樽付き/4kg)

本来は生の硬い大豆の処理から始めるのが味噌作りですが、これならば混ぜるのに必要な『タライ』などの容器と、保管するのに必要な『タッパーや甕(カメ)』などの容器だけで済みます。手間も時間も用具も省く事ができるでしょう。

もちろん、マンションでも自家製味噌は作れます。年に一度、気の合う仲間で集まって、世間話などしながら味噌作りなどいかがでしょう?遊び盛りの小さな子供たちは混ぜたりコネたりするのが大好きです。食育の一環としていかがでしょう?多目に仕込んで美味しく出来上がった味噌をご近所の方に配る「手前味噌」などいかがでしょう?

ご自宅での初めての味噌作りにお役立てください。

▲ページTOPへ

▲ページTOPへ